NASにアクセスできない

Windows 10 で、古いNASにアクセス出来ない場合に確認したい項目

 

Windows 10 新バージョン1803 にアップデートした後に、NASにアクセス出来なくなる事例が多いようです。

 

コントロールパネルから、プログラムを選択

Windowsの機能・・・を選択

「SMB 1.0/CIFS クライアント」だけにチェックを入れて「OK」を押す

2020年3月 追記

とつぜん、NASにアクセス出来なくなったPCを確認する機会が有りました。

同じ機種、同じOS(Windows 10 Pro) で、10台中 3台に症状でした。

予想通り 「SMB 1.0/CIFS クライアント」のチュックが外れていました。

なぜ勝手に、チュックが外れたのか直ぐにわかりました。

以前は無かった、「SMB 1.0/CIFS 自動削除」の機能がいつの間にか盛り込まれていました。

ここにチュックが入っていると、一定期間、NASにアクセスしないと自動的に削除されるという物ですので、ここの機能はとりあえず無効にしておきましょう。

 

SMB には、バージョンが有り、以下のようになっています。

・Windows 2000,XP ・・・ SMB 1.0

・Windows Vista  ・・・ SMB 2.0

・Windows 7    ・・・ SMB 2.1

・Windows 10    ・・・ SMB3.11

このうち、既にサポートが終了している SMB 1.0は、脆弱性が多く報告されているため、Microsoftでは積極的に無効化したい狙いがあるようです。

 

※上記の解決方法は一時しのぎに過ぎません。 早急に、NASで公開しているフォルダのログイン制限を見直し、適切に設定管理することを推奨します。

もう一つの情報・・・Windows の既定で無効になっている SMB2 のゲスト アクセス

Microsoftサイト参照・・・https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4046019/guest-access-in-smb2-disabled-by-default-in-windows-10-and-windows-ser

 

Microsoft の情報によると、NASへ接続出来なくなる原因は、WindowsのFall Creators Update(バージョン1709)のセキュリティ強化によるものです。

これは、SMB1.0 の無効化の他に、ゲスト ログオンを既定で無効にします。

アクセス制限を掛けずに運用している、NASフォルダーや、共有フォルダーへのアクセスを禁止しています。

Microsoftの説明を引用「組織のセキュリティ ポリシーが認証されていないゲスト アクセスをブロックするため、この共有フォルダーにアクセスすることはできません。 これらのポリシーは、ネットワーク上の安全でないデバイスや悪意のあるデバイスから PC を保護するのに役立ちます。」

 

解決方法

安全でないゲスト アクセスを有効にする場合は、次のグループ ポリシー設定を構成できます。

Computer configuration\administrative templates\network\Lanman Workstation

「安全でないゲスト ログオンを有効にする」 レジストリの変更が必要です。

 注)安全でないゲスト ログオンを有効にすると、Windows クライアントのセキュリティが低下します。 

※危険性を十分理解した上で、設定しましょう。

※上記の解決方法は一時しのぎに過ぎません。 早急に、NASで公開しているフォルダのアクセス制限を見直し、適切に設定管理することを推奨します。

営業時間

9:00 ~ 17:00 (月~金)

※定休日 土・日・祝日 ですが、

連絡可能、状況により対応します。

お問い合わせ』はこちらから

ハードディスクトラブル

調査結果後、最短即日復旧します!

大切なデータを失う前に、ご連絡を・・・   詳しくはこちらへ!

ウイルス初期調査料無料!

調査結果後、最短即日復旧します!

ワンクリックウェアや、ウィルスに侵入されてしまったパソコンを回復させ、PC上からウイルス駆除を致します。    詳しくはこちらへ!

Loading

 

FC2