ハードディスク復旧・作業日記

USB3.0 ポータブルハードディスク修理のご依頼です。

コネクタ部分の部品が破損してしまったようです。

 

USB3.0のコネクタは、2つ並んだ形状になってますね。 USB2.0のコネクタは、小さく不安定な印象でしたが、2つ並んだことで安定感が増しました。 ただ、あまりにもきつかったのか、差し込み部分から部品が引きちぎられてしまったようです。

 

部品の取付不良? 強度不足?

USB3.0コネクタの抜き差しは、気を付けて取り扱った方がイイかもしれませんね。

このままでは、どうにもならないのでパッケージを開けて、中のドライブ本体を取り出します。

最近の、パッケージは金型精度が良くなったので、精密ですき間が無く、開けるのに少し苦労します。

開けてみると、ドライブは一般的な物です。

 

コネクタの破損した、USBインターフェイス部分も切り離してしまいます。

これで、ドライブ単体で動作確認出来れば、

一件落着です。

 

取り出したドライブを、ドックステーションに入れてチェックします。

弊社で用意している、ドックステーションは、2ドライブ+4ドライブ

NASで使用されている、4台構成のRAID5の解析にも対応できます。

さらに、10ドライブ同時接続可能なステーションも備えています。

 


なんということでしょう!

パーティション情報が無くなってます。 これでは、フォルダやファイルが読み取れません。

※情報保護の為、画像の一部を加工しています
※情報保護の為、画像の一部を加工しています

コネクタの破損時に、論理的なトラブルも発生して、パーティション情報を失ってしまったのではないかと思われます。

 

ドライブの健康診断をしてみると、物理的な異常はありません。 

※情報保護の為、画像の一部を加工しています
※情報保護の為、画像の一部を加工しています

まずは、行方不明になったデータファイルの捜索を開始します。

この作業は、非常に時間が掛かります(500GBで約12時間ほど)が、データ救出を最優先に行います。

 

復旧作業を急ぐあまりに、大切なデータの救出チャンスを逃してはいけませんので、弊社では、この作業を最優先に行います。

 

※情報保護の為、画像の一部を加工しています
※情報保護の為、画像の一部を加工しています

さまざまな、データファイルの救出ができました。

これで、最悪な状況は免れたと思いますので、一安心です。

 

・・・が、問題が有ります。

 

論理情報が無くなっていたので、元のフォルダ名や、ファイル名には戻りません。 せっかくフォルダ分類していたファイルが一色単になっています。

削除したファイルも、復活しちゃってます。

ファイル種類判別が出来ず、拡張子が違っているファイルもあります。

 

これだと、データファイルの救出できても、お客様が元のように使用するのは大変ですね。

 

※情報保護の為、画像の一部を加工しています
※情報保護の為、画像の一部を加工しています

元あった、パーティション情報を解析して、パーティションの復元作業を行います。

これを失敗すると、完全にデータファイルを失ってしまうので、緊張します。

 

消えてしまったパーティションが、復元できました。

※情報保護の為、画像の一部を加工しています
※情報保護の為、画像の一部を加工しています

フォルダと、ファイルも元通り、完全に復元できました。

 

※情報保護の為、画像の一部を加工しています
※情報保護の為、画像の一部を加工しています

元通り使用できるように、新しいハードディスクケースに入れて、お客様にお返して作業完了です。

 

 

---費用参考価格(税別)---

・ハードディスク復旧作業料   ¥15,000

・新しいハードディスクケース

   (2.5インチ USB3.0対応)  ¥2,000

 

営業時間

9:00 ~ 17:00 (月~金)

お問い合わせ』はこちらから

ハードディスクトラブル

調査結果後、最短即日復旧します!

大切なデータを失う前に、ご連絡を・・・   詳しくはこちらへ!

ウイルス初期調査料無料!

調査結果後、最短即日復旧します!

ワンクリックウェアや、ウィルスに侵入されてしまったパソコンを回復させ、PC上からウイルス駆除を致します。    詳しくはこちらへ!

Loading

 

FC2