印刷ができない「ドキュメントの強制削除方法」

プリンタの電源を入れ忘れたまま印刷実行したり、印刷中に間違って(わざと!?)プリンタの電源を切ってしまったりすると、以後の印刷ができなくなることがあります。

 

これは、プリントスプールデータ(印刷待ちのドキュメント)がパソコン内に溜まってしまったのが原因です。

プリントスプールデータは、先から順番にプリンターに吐き出されていくので、最初のデータが何らかの原因で止まってしまうと、それ以後、いくら印刷しようとしても、スプールデータ溜まるばかりで印刷はされません。

 

通常は、スプール画面から「すべてのドキュメントの取り消し」で、スプールデータの削除をすることが出来ます。

 

 

しかし、まれにどうやってもスプールデータが消えてくれないことがあるようです。

そんなときの、対処方法

 

まずは、パソコンを再起動してみてからね。 ※これが意外と良かったりする。

プリンターの電源も、いったんOFF-ONしてみてね。

 

やることは次の2つ 

1.「C:\Windows\System32\spool\PRINTERS」フォルダ内のファイルを全て削除

2.サービスから、プリントスプールが開始しているか確認

 

文章で書くと簡単なのですが、「フォルダの場所がわからない」とか、「サービス?」と言う人は、以下のバッチファイルを作成して行うことも出来ます。

 

1.以下のテキストを、エディタにコピーして保存する 

@echo off

echo.

net stop spooler

echo.

del %systemroot%\system32\spool\printers\*.shd

del %systemroot%\system32\spool\printers\*.spl

echo.

net start spooler

 

2.保存したファイル名を「spoolclear.bat」に変更する

 

3.spoolclear.bat」を管理者権限で実行する

 

※プリンタのメーカーによっては、上記のバッチファイルでは削除できないファイルもあります。

印刷ができない「機器の起動順序と、IPアドレスの固定」

意外に問い合わせが多い、ネットワーク接続のプリンターの場合の事象。

 

不意の停電や、ブレーカーが落ちた後の復旧時に、印刷が出来なくなってしまう事がある。

これはプリンターの、IPアドレスが変わってしまったことや、取得できなかったが原因。

 

ルーターが正常に起動しているのを確認した後に、プリンターを再起動すれば、正常にIPアドレスが取得されるのでプリント出来るようになる。

 

しかし希に、アホなルーターや、お行儀の悪いプリンタがあって、以前に割り振られていたIPアドレスとは違う番号を振ったり(もらったり)する機器もある。 その場合は、プリンターのプロパティから、変更されたIPアドレスを再設定すればよい。

こんなことが起こらないように、プリンターなどは、決まったIPアドレス(固定)を設定しておくのが定石なんだけど。

 

余談ですが・・・最近のプリンタドライバーは、IPアドレスだけで無く、MACアドレス(物理アドレス)で接続出来るようになってきているのでこの問題は起こらないのかと思うけどね。

 

 

 

検索用タグ: #印刷できない #プリントスプールデータ削除方法 #すべてのドキュメントの取り消し

営業時間

9:00 ~ 17:00 (月~金)

※定休日 土・日・祝日 ですが、

連絡可能、状況により対応します。

お問い合わせ』はこちらから

ハードディスクトラブル

調査結果後、最短即日復旧します!

大切なデータを失う前に、ご連絡を・・・   詳しくはこちらへ!

ウイルス初期調査料無料!

調査結果後、最短即日復旧します!

ワンクリックウェアや、ウィルスに侵入されてしまったパソコンを回復させ、PC上からウイルス駆除を致します。    詳しくはこちらへ!

Loading

 

FC2