アプリケーションソフト関連

ChromeとATOKで発生している問題

2019年頃に、ChromeとATOKの組み合わせで起こっていた現象。

「入力済の文が自動挿入される」、「入力中の文字が黄色でハイライト」などは、「ATOKツール」の、「プロパティ関連づけツール」から、「Google Chrome用設定」を追加することにより解決したものの、2020年の後半から、またしても、「ChromeとATOK」が絡む不具合を確認しました。

※実は、今回は以外にも別なアプリが絡んでいました。

 

メモ:C:\Program Files (x86)\JustSystems\ATOK32T31

 

Chrome の不具合内容は、以下の通りです。

1.起動が遅くなる(数秒~10秒、または「応答なし」になる)

2.ATOKの[全角・半角]の切り替えの反応が遅くなる

3.テキスト(キーボード)入力の反応が遅くなる

 

いずれも、Chromeの動作が極端に遅くなる症状で、時間経過と共に正常な動作速度に戻ったり、また、遅くなったりを繰り返します。

 

この現象は、Microsoft Edge はおろか、他のアプリでは全く問題なく正常に動作していますので、またしても、「Chrome と ATOKか絡む不具合」かと思いましたが、意外なアプリが絡んでいたことがわかりました。

 

不具合を確認したPCの主な構成(クリーンインストール後)

Windows 10 Pro(32) バージョン20H2 ビルド19042.928 

Google Chrome バージョン: 90.0.4430.85(Official Build) (32 ビット)

ATOK for 一太郎2021 バージョン: 32,1.1

Microsoft Excel 2019 MSO (16.0.13901.20366) 32ビット

Microsoft Word  2019 MSO (16.0.13901.20366) 32ビット

 

回復を試みた事柄など、

ATOK for 一太郎2018(不具合が出た時点でのバージョン)->ATOK for 一太郎2021

ATOKの「プロパティ関連づけツール」から、「Google Chrome」を追加

 

いずれも、効果がないので、Windows 10 クリーンインストールしてみました。

Windows 10 クリーンインストール(回復:初期状態に戻す「データ&アプリは残さない」)

 

クリーンインストール後の、構成・インストール順、

Windows 10 Pro(32) バージョン20H2 ビルド19042.928 

Google Chrome バージョン: 90.0.4430.85(Official Build) (32 ビット)

ATOK for 一太郎2021 バージョン: 32,1.1

Microsoft Excel 2019 MSO (16.0.13901.20366) 32ビット

Microsoft Word  2019 MSO (16.0.13901.20366) 32ビット

 

※この時点で、Chromeに不具合は、ありませんでしたが ・・・ 。

 

ZEROウイルスセキュリティ(ソースネクスト)「以下、ウイルスセキュリティ」をインストールすると、再び、Chrome の動作が不安定になりました。

確認のため、ウイルスセキュリティを「すべての機能を無効にする」にしてみると、Chrome の不安定な症状は改善されました。

 

過去の事例から、「ChromeとATOKが絡む不具合」と思ってましたが、今回は、「Chromeとウイルスセキュリティが絡む不具合」だったようです。

 

 

ZEROウイルスセキュリティ プログラムバージョン: 14.2.0447 定義ファイル: 9.137.14102

 

セキュリティーを強化を進めている Chrome とウイルスセキュリティの機能がバッティングしたのかと推測していますが、検証はできていません。

Chrome はブラウザとしても優秀で使用をおすすめ出来ますし、機能強化も歓迎ですが、既存のアプリとの不具合は情報を出してほしいものです。

 

・・・ と言うことで、見出しを変更しまして、

 

Chromeとウイルスセキュリティで発生している問題

2020年の後半から、Chrome の動作が不安定になる不具合が報告されています。

 

Chrome の不具合内容は、以下の通りです。

1.起動が遅くなる(数秒~10秒、または「応答なし」になる)

2.ATOKの[全角・半角]の切り替えの反応が遅くなる

3.テキスト(キーボード)入力の反応が遅くなる

 

いずれも、Chrome の動作が極端に遅くなる症状で、時間経過と共に正常な動作速度に戻ったり、また、遅くなったりを繰り返します。

いずれも、ウイルスセキュリティをインストールしているPCで確認しています。

 

Chrome と、ウイルスセキュリティを使用しているPCはたくさん確認しましたが、この症状が出ているのはいずれも、Windows 10 32ビット であることから、Windows も絡んでいるのかもしれません。 ※64ビットでは、不具合を確認しておりません。

 

ウイルスセキュリティの機能制限で回避する方法(暫定対策)

1.ウイルスセキュリティのホーム画面から、「設定」開く

 

2.ウイルス・スパイウェア対策項目の、「脆弱性からの保護」と「ウイルスサイトからの保護」を無効にする

この時、確認画面が表示されるので、

「再起動後も常に」をする

これで、引き続き Chrome は安定して使えます。

 

検索用タグ:#Google Chrome,#ATOK,#ウイルスセキュリティ不具合,#Chrome遅い

営業時間

9:00 ~ 17:00 (月~金)

※定休日 土・日・祝日 ですが、

連絡可能、状況により対応します。

お問い合わせ』はこちらから

ハードディスクトラブル

調査結果後、最短即日復旧します!

大切なデータを失う前に、ご連絡を・・・   詳しくはこちらへ!

ウイルス初期調査料無料!

調査結果後、最短即日復旧します!

ワンクリックウェアや、ウィルスに侵入されてしまったパソコンを回復させ、PC上からウイルス駆除を致します。    詳しくはこちらへ!

Loading

 

FC2